1級土木施工管理検定試験

平成29年度1級土木施工管理技術検定実地試験問題 解答速報

試験期日 2017年10月1日
受験された皆様、お疲れ様でした。
平成29年10月1日に実施された1級土木施工管理技術検定(実地試験)の解答速報を掲載します。

この解答速報の解答例はユーキャン独自の見解に基づいて作成したものであり、実際の正解とは異なる場合があります。
あくまでも自己採点の目安としていただき、最終的な合否の判断はしないでください。
また、この速報の内容は事前の予告なく変更する場合があります。

2017年10月02日 11:59 更新

必修問題

問題1(経験記述)

設問1
問1省略

選択問題(1)

問題2(土工)

設問1
(イ)透水
(ロ)くさび形
(ハ)勾配
(ニ)均等
(ホ)踏掛版

問題3(コンクリート)

設問1
(イ)水セメント比
(ロ)大きい
(ハ)吐出量
(ニ)材料分離
(ホ)打込み速度

問題4(品質管理)

設問1
(イ)仕様書
(ロ)施工者
(ハ)基準値
(ニ)まき出し厚
(ホ)走行位置

問題5(安全管理)

設問1
(イ)地質
(ロ)記録
(ハ)ヘッドガード
(ニ)下ろす
(ホ)最大使用

問題6(施工計画)

設問1
(イ)事前調査
(ロ)第三者
(ハ)業務分担
(ニ)振動
(ホ)配置

選択問題(2)

問題7:土工

(2つ選び、その工法の概要と期待される効果)
工法概要効果
載荷盛土工法荷重をあらかじめ載荷させ圧密を進行させる残留沈下量の低減
地盤の強度増加
サンドコンパクションパイル工法 砂を地盤中に圧入し砂杭を造成 粘性土地盤
地盤の強度増加
沈下量の低減
砂質土地盤
液状化の防止
薬液注入工法 砂地盤の間隙に注入材を注入 安定性の増大
遮水(透水性の減少)
液状化の防止
荷重軽減工法 土に比べて軽量な材料で盛土等を構築 地盤中の応力増加の軽減
粘性土層の沈下量低減
すべり滑動力の低減
押え盛土工法 盛土本体の側方部を盛土で押さえる 盛土の安定

問題8:コンクリート

(1)、(2)の項目について、配慮すべき事項)
〔解答例〕
(1)暑中コンクリートの打込み
 ・打ち込み前に型枠等を湿潤状態に保つ。
 ・型枠、鉄筋等に散水、覆い等を施す。
 ・練混ぜ開始から打ち終わるまでの時間は1.5時間以内とする。
 ・打込み時のコンクリート温度は、35℃以下とする。
 等

(2)暑中コンクリートの養生
 ・コンクリート表面を散水、覆い等により乾燥から保護する。
 ・打ち込み終了後、速やかに養生を開始する。
 ・直射日光、風等を防ぐ
 等

問題9:コンクリート

(品質管理項目とその判定基準を5つ)
〔解答例〕
(品質管理項目→判定基準の順に記載)
<鉄筋の加工および組立の検査>
浮きさび、どろ、油等→ないこと(除去)
組立用鋼材→必要箇所
かぶり→所要のかぶり
スペーサ→所要の配置数
あき→所定の値
定着長→設計図書
<鉄筋の継手の検査>
継手位置→設計図書
重合わせ長さ→鉄筋直径の20倍以上
継手の相互ずらし→鉄筋直径の25倍以上
継手部相互のあき→粗骨材の最大寸法以上
継手部と隣接する鉄筋のあき→粗骨材の最大寸法以上

問題10:安全管理

(品質管理項目とその判定基準を5つ)
〔解答例〕
労働安全衛生規則
 ・作業指揮者の指名
 ・あらかじめ、作業の方法および順序を作業員への周知
 ・作業床の設置
 ・作業床の設置困難なときは、防網の設置
 ・作業床の端部、開口部等には手すり、覆い、囲い等の設置
 ・安全帯等の取付設備の設置
 ・安全帯等およびその取付け設備等の異常の有無について、随時点検
 ・昇降設備の設置
 ・悪天候(強風、大雨、大雪等)時の作業中止
 ・必要な照度の保持
 等

問題11:環境管理

(具体的な対策について5つ)
〔解答例〕
・飛散防止としてシート等で覆う。
・周囲に囲いを設ける。
・流出しないように回りに側溝を設ける。
・害虫が発生しないように薬剤を散布する。
・責任者、連絡先、廃棄物の種類等の必要な事項を表示した掲示板を設ける。
・作業員等の関係者に保管方法等を周知徹底する。